ブックタイトルハウジングライフ南部9月号

ページ
8/44

このページは ハウジングライフ南部9月号 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ハウジングライフ南部9月号

価格賃貸料敷金礼金管理費共益費築構年造物件の代金総額(単位=万円)で、本誌掲載の物件は税込価格で表示しています。ただし、土地価格には消費税はかかりません。一ヶ月の賃貸料。消費税がかかる場合(営業用のみ。住居用の場合は、消費税がかかりません)は、税込み家賃の表記です。毎月の支払い総額は、家賃・管理費・共益費・駐車料・諸費用をたしたものとなります。敷借主が家主に預けておく保証金。○ヶ月分と表記(一部金額表示有)。退出時に戻りますが、補修などに充てられた差額になります。礼管賃貸契約に際し、家主に支払う一時金。管理費。共共用部分の維持管理にかかわる分担金で消費税がかかる場合は税込の金額を表示しています。築建物が完成した年・月。新築とは、建築一年未満で使用されたことのないもの。S=昭和、H=平成。構建物の躯体建築構造と全階数-当物件の階。★木造★軽量鉄骨★重量鉄骨★RC=鉄筋コンクリート造★SRC=鉄骨鉄筋コンクリート造★PC=プレスキャストコンクリート造工場で作ったコンクリート床板・壁板を現場で組み立て★HPC=鉄骨プレスキャストコンクリート造建物の部屋数と内容。★DK(ダイニング・キッチン)食事室兼台所として使用するために必要な広さと機能を持っているもの。★LDK(リビング・ダイニング・キッチン)居間・食事室兼台所として使用するために必要な広さと機能を持っているもの。建築基準法28条で居室と認められない納戸等は、その旨を納戸等と表記。但し、ワンルームの場合は1Rとさせていただきます。4.5帖未満=K左記の表記はあくまで、当社の統一の表記ですので、部屋4.5以上8帖未満=DKの形状によっては、表記を変8帖以上=LDK(える場合があります。)駐駐車場の有無。ある場合は料金を表示します。消費税がかかる場合は税込の金額を表示しています。(カーポートは文字数の制限により屋根付きとさせていただきます)交最寄りの交通機関までの所要時間または距離。自動車の所要時間は、制限速度内で走行した場合に要する時間(道路距離を併記・有料道路を通行する場合はこの旨を表示)。徒歩による所要時間は道路距離80mにつき一分間として算出(一分未満の端数は切り上げ)。備建物に付随して備え付けられた家具や備品。その他の特記事項(礼金・私道負担)など。取引態様仲介料土地面積坪単価建物面積地目用途地域物件の取引態様には仲介・貸主・売主・代理などあります。借主が不動産業者に支払う手数料。仲介の場合に必要で、おおよそ家賃の1ヶ月分相当額+消費税となります。詳しくは各不動産店へお問い合わせください。土単建目登記簿に記載されている用途上の分類。市街化調整区域では宅地の造成および建物の建築はできません。(ただし、都市計画法34条にもとづく許可、または一定の条件を満たし許可を受けたものについては、この限りではありません。)用地積。水平投影面積(単位m2)。1坪3.3m2位。売地における1坪当りの価格。建物面積(単位m2)。1坪3.3m2位。建築物の用途制限。以下のように表現。間取り駐車場交備通考建ぺい率容積率専有面積冬期融雪建築条件付土地販売土地面積に占める建築面積の割合制限。建築面積とは建物を真上から見たときの面積で、張り出した2階や車庫があるときはその部分も含まれます。例えば100m2の土地で建ぺい率が60%であれば、建築面積は60m2が限度となります。土地面積に対する建物延面積の割合制限。例えば100m2の土地で容積率が200%であれば、建物の延床面積は200m2が限度となります。率建蔽率/容積率(単位%)を60/200%のように略して表現しています。専区分所有による専有部分の面積(単位m2)。1坪3.3m2位。融冬季融雪料金の有無。ある場合は料金。土地を販売するに際し、土地売買契約書に、契約後一定期間内(3ヶ月以内の一定期間内)に売主である宅建業者(ただし建設業の許可を併せ持つ者等)指定または特定の業者と請負契約を締結することを条件として特約するもの。市街化調整区域都市計画法(以下「法」という。)第7条第3項の規定により市街化を抑制すべきものとして指定している区域であり、従って開発行為・宅地の造成・建物の建築は原則として認められません。ただし、新たな市街化の拡大の恐れがないものとして特例的に認められているものがあるので、役所との事前協議等が必要です。6ハウジングライフ南部2019.09 Vol.203