ブックタイトルハウジングライフ南部9月号

ページ
39/44

このページは ハウジングライフ南部9月号 の電子ブックに掲載されている39ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

ハウジングライフ南部9月号

アッパレな新婚さん!!「ジューンブライドの花嫁は幸せになる」という言い伝えに乗り、ギリギリ6月最後の土曜日、姪の娘U(埼玉在住)の結婚式に出席したオシマイの姉妹二人。花嫁は綿帽子を被り厳かに神前で「三々九度」久し振りです。和風のお式はとっても新鮮!!結婚式から帰宅した翌朝「オォースンゲェ…フォアグラ出だのが…食ってきたが?メェがったが…?」と連れが…聞いてます。『ハァ~フォアグラ…なんも食べてないよーアンタなんで知ってるの…?』「ここさ書いでるべぇ…メニューに…」。実はA4判の両面刷りに、二人の挨拶・席次表・花婿花嫁のプロフィール、そしてメニューが確かに印字されてますが、文字が小さ過ぎて…メガネを出すのがたいぎ…。それよりメガネの忘れ物しちゃあエライこっちゃあ…ということで読んでなかったのです。そしてそのMENUというのを、帰宅してからメガネをかけて、おもむろに読んでみました。海の幸(たらば蟹・帆立貝のスモーク・稚アワビ)のデリシャスサラダ、2番目に、香り高いコンソメ・フォアグラのクネルとご一緒に…とありました。『あぁ本当だ、フォアグラが出てる』この「香り高いコンソメ」をスプーンで一口…このニオイ…気になるニオイ…具を少しだけ食べて…もういらない…しかし、そこにあったらしいのです「フォアグラ」なるものが?気付かなかったのです。人生最初で最後のフォアグラを食べ損なったのか…。続いて、オマール海老のフリカッセ花嫁風、レモンのシャーベット、牛フィレ肉のステーキ(クリームで和えたシャンピニヨンをのせて)、マスカルポーネのムースとライムジュレピスタチオアイス幸せのてんとう虫と共に…あぁ意味不明?コーヒーとお菓子、パン…これらがコースの総て。小さな文字でしかも「カタカナ」。メガネをかけていようが、いまいが、カタカナに弱い私にとってはどんな料理だったか??覚えているのはシャーベットがおいしかったという情けない有り様??。このホテルに決めた理由は、料理にこだわった二人があっちこっち試食して決めたらしいのですが…??年寄りにはやっぱり「和食」がいいですね!!。そう…80才過ぎてる元気でいたいネ!!名札のウラにメッセージ書いてくれて、いそがしいのに本当にエライネ!!エッ、私見てないヨ捨ててしまったヨ!!弟のKの方はあと5年位って云ってももう歳でこれないヨ??スライドの最後にネブタにきた時の写真も出てきてネブタバヤシ流したがったネ!!今回は食べる事よりも手作り感満載の披露宴は楽しくて、退屈することはなかったのでした。なにしろ、花嫁が綺麗!!あの「神田うの」か「沢尻エリカ」風、この子は誰の娘??気立て良し、顔良し頭良しスタイル良し料理上手(身びいき?)。会場に映し出されたビデオのおめでとうのメッセージや、園児や卒園児と一緒に目はキラキラ、終始笑顔で歌ったり踊ったり…好きで選んだ職業は「天職」そのもの!! Uは我々の血筋とは違うヨ…もしかして??席の名札にはそれぞれメッセージがあり、引き出物の湯呑みの入った上ブタには、名前の一字が記してあり、私はピンク系、オシマイは紫系とそれなりに合わせたような色合いの焼き物に又ビックリ!!本当に心のこもった物でした。そして、この披露宴の経費及び前泊した我々の宿泊費全て、親に負担かけることなく本人たちが賄ったのだそうです。二人共本当にアッパレ!!姪に言ったことがありました。『いつまでも結婚を決めないで「優柔不断」な男、とっとと別れさせてしまいなさい。U程の女だといくらでも男が出来るよ!!』と。でも、自分たちの力で結婚式をという自立した考え方だったんですね。親のスネを当たり前のように丸かじりする人が多いと思ってましたが、なかなか大したもんです!! Uの選んだパートナーは「優しい人」と姪がべた褒めでした。具体的には、足が悪くどうしても歩くことが遅れ気味になっても、姪に歩調を合わせてくれるのは、旦那でもなくUでもなく彼だけ。そこが一番だったようです。彼のお父さんがこれまたビックリのイケメン!!背も高く、立派なお方。披露宴が始まる前に「可愛い、素敵なおじょうさんとご縁が出来ました。ありがとうございます。ヨロシクお願いします」とご挨拶を頂き『息子よりいい男!!』と、オシマイの二人は大喜び。披露宴に出るにあたり終活中の我々は、夫婦同伴は経費が2倍その上不自由で面倒臭いと、夫たちは留守番…。その前泊の日、夜、親族で会食があると云うのに2時間位の時間を有効活用しようと銀座へ。休演中の歌舞伎座の前で看板だけをながめ、その向かいにある「カステラ一番」の文明堂へ行き、2年ぶりに「クリームあんみつ」を食べたのでした。他では食べられない美味しさなんです!!もしかして結婚式よりこちらがメイン??ここだけの話…内・緒・だヨ!!少しでも時間作って「文明堂」に行って良かったやっぱりクリームあんみつはあそこでなきゃあ!!ウン歌舞伎座の建物の前だけでも行けて良かった!!ハウジングライフ南部2019.09 Vol.203 37